プエラリア 飲み方

プエラリアは結構危険?!飲み方には万全の注意が必要です

「効果がある」という言葉の裏側をみる

プエラリアに限らず、何かに対して大きな効果を及ぼすものというのは、しばしばかなり重度な副作用をもたらします。ガンの治療薬を持ち出すまでもなく、薬というのは基本的には、よきにつけ悪しきにつけ「異物」であるため、人体はそれに対して反応を示すわけです。プエラリアは、大豆イソフラボンの40〜50倍の効力を持つといわれています。そのため、プエラリアの副作用もかなり大きいです。何よりもプエラリアの危険性として指摘されるのは、「まだ正体がはっきりわかっていないこと」にあります。
たとえば不妊症とのかかわり一つをとっても、「プエラリアは不妊症を解消する」という説もあれば、まったく逆に「プエラリアの服用で不妊症が発症した」という説もあります。過ぎたるは及ばざるがごとしだろう、という意見も間違ってはいませんが、何よりもプエラリア自体がまだまだ解明されていない成分である、ということは疑いようのない事実と言えるでしょう。

プエラリアの飲み方は分量用法をきっちり守って!自己判断は危険です

プエラリアは大豆イソフラボンに比べて大きな効果と副作用を持っているにも関わらず、容量について明確な基準が設けられていません。そのため、主要なメーカーであってさえ、含有量に10倍以上の差があります。もちろんどのメーカーを選ぶかは、購入者の自由です。少量で具合が悪くなるひともいれば、大量に飲んでもまったく変化がないひともいるでしょう。
しかしいずれにせよ、メーカーが定めた分量や用法はきっちり守り、自己判断は避けた方が賢明と言えるでしょう。